噂(うわさ)話をする?しない?どっちがストレス解消になるか

ストレスマネジメントの世界では、「噂(うわさ)話、ゴシップの類は、ストレスの元なので、避けるように」とされてます。

噂話は、基本的に悪口です。噂話をしたり聞いていると、湧いてくるのはネガティブな感情であり、下品であなた自身の自尊心プライドを汚すものです。

それに、噂話は時間のムダであって、そんな時間があったらもっと建設的な時間の使い方があるはずです。

噂話

あなたは、学校や職場(男同士だと人事の噂話が本当に多い)、近所さん同士、ママ友の集まりなどで繰り広げられる、他人への興味本位の噂話にあなたはどの程度参加していますか?

いつも近所の公園で噂話をしている主婦のグループがいます。
誰々が「知らない男と一緒にいた」とか「どこで何を買っていた」とか、
くだらない話でいつも盛り上がっています。

ところがある日見たところ、グループで集まってはいるのですが、とても静かです。話をしているようには思えません。あまりいつもと様子が違うので、私はあとでメンバーの1人に尋ねてみました。

「今日はどうしたんですか?」

その主婦は答えました。
「だって、今日は誰も欠席している人がいなかったのよ」

噂話に巻き込まれないための3つの方法

1.噂話をするグループには近寄らない

2.グループに入らないことで噂話の的になることを気にしない
 むしろ下賎な話に巻き込まれないことに感謝する

3.もし噂話の輪に入っても、自分から話題を提供しない
 自分から意見や感想も積極的に言わない

噂話がストレス解消に役立つ場合も

いままでの話とは逆に、噂話で盛り上がることがストレス解消に役立つという考え方もあります。

2014年に発表されたカリフォルニア大学バークレー校の調査では、噂話のメリットが報告されています。それによると、噂話に興味が湧いたり、話が盛り上がると、それによって一時的に血圧が上がり、心拍数が増しますが、これが運動と同じようにフラストレーションを解消する効果があるのだと言います。

加えて、噂話には、(悪口を言われないように)行動を慎ませる効果もあることもわかっています。

管理人が思うに、噂話はお酒のようなものではないでしょうか。
毒にも薬にもなります。明るい噂話は良い効果をもたらしますが、行き過ぎたり、暗くなったりすると害の方がずっと大きくなってしまいます。自制しながら付き合いたいものですね。

【関連記事】
ニュースを見ないこと、とくに朝は
議論を避ける方法

コメントを残す