壁押しでリラックスと血流増加

よく言われるように身体とこころはつながっています。緊張する場面では、身体にも力が入っています。逆に、筋肉を緩めてあげれば、こころもリラックスできるようになります。

ストレスフルな状況でも、ジョギングやウォーキングやジムで体を動かせれば良いのですが、オフィスなどでそんな時間も場所もない場合に、簡単にできるのが壁押しです。

壁押し

筋肉に精一杯力を入れてから、急に緩めると、その筋肉がリラックスしていること、その周辺の血の巡りが良くなっていることが実感できます。
これを壁を押してやってみましょう。

壁押しの方法

1.
壁は、あなたの全体重をかけても問題ないような丈夫な壁を使います。

壁に向かって立ち、両手で支えながら、身体が45度くらい傾けます。
壁と床とあなたの身体で三角形をつくるイメージです。
このとき腕は軽く曲げる程度が適当です。

2.
壁を思いっきり押してみましょう。
腕だけで押すのではなく、足は全体をしっかり床をつけて身体全体で押すようにします。
太ももあたりにも大きな力がかかるのがわかるはずです。

数秒間がんばって押し続けます。

3.
腕を伸ばして身体を起こします。

力の入っていた筋肉が緩んでいることを感じてみましょう。
手足を振ってさらにリラックスします。

4.
1.から3.を、3から4回繰り返します。

慣れてきたら、壁を押す時間、回数を増やしていきます。

*注意
壁を押している間に息を止めないように注意します。
押す強さは、最大筋力の50%から60%、押す時間は7秒から12秒が良いです。

【関連記事】
身体をゆすってストレスを解放する
運動でストレス解消

コメントを残す