いつも希望をたくさん持つ方法

「あなたにとって世界がどう見えるかは、あなたが持つ希望にかかっている」
インドのことわざより

希望をいっぱい持つことで、私たちはストレスに負けずに、明るく元気に暮らしていけます。

希望

「希望とは、明日がまたやって来て、素晴らしい1日になると信じること」です。

私たちの周りには、将来を悲観するような悪いニュースに溢れています。
犯罪、天文学的数字の国の借金、地方の衰退、少子化、若者の学力低下、中韓との関係、物価の上昇などのニュースを見ると、国の将来ひいては私たちの将来について暗い気持ちにならざるを得ません。

しかし、それは単なる憶測や考えに過ぎません。実は良いニュースの種もたくさんあるはずです。考えを変え、明るい側面を見るようにすれば、将来への見通しもハッピーなものになってきます。

私たちは、ともすれば悲観的な考えになりがちです。
それは、起こるかもしれない不幸に備えるための本能という面があるようです。

でも、いつも夢や希望をたくさん持っていることで、困難な時期でも比較的かんたんに過ごすことができるものです。

将来が楽しくなる希望をいっぱい持ちましょう


希望をたくさん持って、将来について明るくポジティブに考えることは、「将来を楽観して、今なにもしないでダラダラと過ごす」ということではありません。

「リラックスして、将来について前向きに考えながら、今は今の問題に取り組んでいる」ということです。

たくさん希望を持つための方法

いっぱい希望を持った状態になる~そんなマインドになるための方法として3点紹介します。

1.目標(夢)を定める

どんなものでも良いので、目標や夢をしっかり決めます。
人に言えないような欲望でも、それがあることで、人生がエキサイティングになるのであれば、構いません。

大事なことは、将来の目標や夢に向かって努力する現在を楽しむことです。

2.自分の考えや言っていることにいつも注意する

浮かんでくる考えや口癖、会話の内容に注意しましょう。
ネガティブなことばかりになっていませんか?

いつもチェックして、ネガティブな内容が頭に浮かんだら、それを取り消すように心がけましょう。そして、前向きで明るいことに言い換えてみましょう。

3.自分を鼓舞してくれる話を聞く

あなたを励ましてくれ、元気づけてくれる話に意識して接するようにします。
頑張っている人の話、成功した人の話、病気を克服した人の話、ちょっといい話などを聞いて、やる気と元気を貰いましょう。
テレビ番組としては「情熱大陸」「夢の扉」などが人気です。

【関連記事】
ストレスがないかのように振舞う
いつもニコニコ笑顔でいる(無理にでも笑う)

コメントを残す