ストレスがないかのように振舞う

ストレスのかかる状況に置かれたときでも、平静で自信に溢れているように振舞い(ふるまい)ましょう。

最初はドキドキしていても、落ち着いてリラックスしているように振舞うことを習慣にすれば、次第に内面も本当に落ち着いてリラックスできるようになってきます。

自信のある人

人は誰でも生まれながらにストレスに強いわけではありません。経験を積み重ねて、自信にすることによってストレスに克てるようになります。

NLP(神経言語プログラミング)では、人は体験したこととイメージしたことは同様であるとされています。
そのため、自信に溢れてリラックスしているあなたを演じれば、それが本当のあなたになってきます。
英語では、 “Fake it until you make it.” と言っています

ストレスがないかのようにふるまうためのコツ

ストレスがないかのように振舞うには5つのコツがあります。

  1. 声のトーンを低くして話す
  2. 意識してゆっくり話す
  3. 背筋を伸ばし、胸を張って姿勢をよくする
  4. 相手の話に対して2秒ほど間を入れてから答える
  5. 呼吸はゆっくり

もうひとつは、いつも自信に溢れてリラックスしている人になったつもりになることです。

あなたの周りにマネできるような人はいませんか。映画のヒーローも良いです。
昔は、ジェームズ・ボンドになったつもり、高倉健さんになったつもりの人がたくさんいたそうです。いまは戦場カメラマンの渡辺陽一さんや女性なら天海祐希さんなどはいかがでしょうか。

ストレスがないかのように振舞う まとめ

ストレスに強い人を演じることで本当に強くなれる

【関連記事】
瞑想でストレスを解消する方法
ストレスについて前向きに考える

コメントを残す