気づき(マインドフルネス)のエクササイズ

気づき(マインドフルネス)とは、意識を広げながら、ひとつの対象に最大限に注意を集中させる方法です。

それは、あなたの意識を、過去の嫌なことや未来への不安から解放して、いまここにあるようにすることを意味しています。
参考:瞑想でストレスを解消する方法

気づき(マインドフルネス)をマスターすると、見ているもののどんな小さなことも見逃さず、気がつくようになります。

たとえば、食べ物の味はより深く感じられますし、趣味もより楽しくできるようになります。加えて、行動はもっと目的的になります。

瞑想をする女性

気づき(マインドフルネス)は、リラックスと楽しみをもたらします。

「気づきを日常の中に取り入れることで、ストレスを緩和するだけでなく、精神的な不快感や肉体的痛みも軽減することができる」
ジョン・カバットジン教授(マサチューセッツ大学)

そのため、気づき(マインドフルネス)は世界中の精神的な健康に携わっている機関で勧められています。

気づき(マインドフルネス)のエクササイズの方法

気づき(マインドフルネス)は誰でもできます。しかもやればやるほどその効果を享受できると言われています。はじめは、1分でも構いません。
気づき(マインドフルネス)のエクササイズが楽しいと感じたら、時間を延ばすようにすると良いです。

1.
気づきは、なにごとも自然にまかせること、なすがままにすることから始めます。

見たり聞いたりすることを、自分が判断したり、自分が変えようとしてはいけません。
ただ、見るだけ、聞くだけです。

2.
いろんな考えが浮かんできますが、そのままにまかせます。

注意を身体、呼吸、周囲に向けましょう。
入ってくる情報をけして分析したり判断してはいけません。

その時々に気がついた些細なことを心に留めましょう。周囲の物体、風景、音、温度、匂いなどを観察します。(分析してはいけません)

3.
自分のからだの部分1つ1つに注意を向けていきます。

たとえば、
右足→右ふくらはぎ→右太もも→左足→左ふくらはぎ→左太もも→お腹→胸→右手→右腕→左手→左腕→口→鼻→目→額→頭
のように順番に、その体のパーツに集中します。

もしかゆいところや痛いところが出てきても、我慢です。そのままにしておきましょう。

4.
その間、いろんな思考(雑念)が浮かんでくるはずです。それをそのまま受け入れましょう。分析したり判断したりはしません。こういう考えが湧いてきたということだけを認識すれば良いです。

5.
適当なところで、エクササイズを終わります。

とてもリラックスしているのが感じられませんか?幸せな気持ちになっていませんか?

はじめ上手くいかなくても、気づきの練習を重ねれることで、リラックスと幸福感が得られるはずです。

自分に対して寛大になりましょう。ミスも気にしないようにします。目的は緊張を解放することです。

気づきは個人的な体験です。正しいも誤りもありません。大事なことはリラックスすること、意識を集中すること、そうして、新しい意識のレベルに達することです。

【関連記事】
呼吸を自然に深くゆっくりにしてストレス解消
マントラ(アファメーション)を作って唱える

コメントを残す