瞑想でストレスを解消する方法

瞑想は「あなたのこころを今ここにある」ようにコントロールする方法だと言われます。

あなたの身体はいつも現在にありますが、こころはそうではありません。
過去のことを思い出して、いろいろ悔やんだり懐かしがったりします。未来のことを想像して不安に思ったり、このままではいけないと悩んだりします。
既に起こってしまってどうしようもないこと、まだ起きてもいないことを考えて、私たちのこころは揺れることが多いものですが、瞑想はこころを「いま」に集中させます。

瞑想

そんなわけで瞑想は、こころの平和をもたらして、ストレスを解消する素晴らしい効果があります。

瞑想は別に特別なものではありません。5分か10分程度で行えるこころをコントロールするテクニックと考えて良いと思います。
特別な座り方や教えを習うより、先ずやってみることが大切です。

瞑想の方法

1.呼吸に集中する
いちばん標準的なものは呼吸に集中して呼吸の数を数える数息観という方法です。

lotus_pose_yoga

なるべくゆっくり腹式呼吸しながら、息を吐いて「いーち」、吸って「にー」、また吐いて「さーん」という具合に数えて、10まで数えたら、また1から繰り返します。


数息観にもいろんな方法があります。これは一例です。

2.ガイド瞑想
かんたんなのは瞑想本の付録についているCDを聞きながら行う方法です。
CDの案内に従って、呼吸や意識のしかたを勉強しましょう。

3.音楽瞑想
ガイド瞑想は人によって合う合わないがあります。案内の声との相性や説明がくどくて繰り返しに耐えなかったりします。合わない人には、瞑想用の音楽(バロック音楽やグレゴリオ聖歌でも良い)を聞きながら、瞑想するのが良いです。

ここでは、ストレス解消のための方法として簡単に瞑想について書いています。
瞑想について詳しくは瞑想用のサイト、たとえば「超能力.net 瞑想」をご覧ください。

【関連記事】
音楽におけるアクティブ・リスニングの方法
ストレスについて前向きに考える

コメントを残す