身体をゆすってストレスを解放する

テレビで陸上や水泳の選手がスタート前に、手足を振っているのを見かけとことがあると思います。
スポーツ心理学のアラン・ゴールドバーグ博士は緊張をほぐし、ゲームに集中するのにたいへん効果があるとして、もっと発展させた形で実行するように勧めています。

アスリート

こころの緊張は身体の緊張にあらわれます。逆に身体の緊張を取ることでこころの緊張を緩めることができます。
手足を振るだけでなく、身体の各エリアを意識的にゆすって、ストレスから来る緊張をほぐしましょう。

身体をゆるゆるとゆする効果

身体をゆすることがストレス解消に役立ちます。
たとえば、ぐずっている赤ちゃんをあやすのに、赤ちゃんを抱いてゆっくり振ってあげると、泣き止んで上機嫌に笑ったりするはずです。

お母さんと赤ちゃん

どうもこれは私たち動物が本能的に知っていることのようです。サルなどでも同様の行為をすると言います。

他にも具体的に次の効果があります。

  • からだを暖める
  • 全身の血行がよくなる
  • 筋肉の柔軟性を増す
  • 関節や筋肉のストレッチ
  • 痛みを緩和する
  • ストレスに対抗するホルモンの分泌を良くする

身体をゆるゆるとゆする方法

1.
リラックスして椅子に座る
または
足を肩幅程度に広げて立つ

2.
両腕を左右に広げて、手を振る
はじめはゆっくり、次第に少し速く振ってみる
自分の心地よい速さはどれくらいか意識する

3.
手から手首→腕→肩を振る範囲を広げてみる

4.
振っている時間は30秒程度でじゅうぶんです。
その間、呼吸を止めないように注意します。

5.
慣れてきたら、範囲を広げて、同じように尻、腰、背中、肩、首もゆすってみましょう。

6.
とくに回数の制限とかはありません。
気が向いたらやってみましょう。ただし、痛みや不快感がある場合は直ちに中止すること。

とくに準備するものはありませんし、すぐにできることなので、試してみてはいかが?

【関連記事】
運動でストレス解消
早起きはストレス解消につながる生活習慣

コメントを残す