議論を避ける方法

誰しも職場や家庭で議論になって嫌な思いをしたことがあると思います。
後々まで引きずってストレスになりがちですね。

議論を冷静に続けて、どちらの側にも納得のいく結論が導かれて、「良かった良かった」となることは稀ではないでしょうか。
反対に、感情的になって口論になってしまうことはよくあることです。そうでなくても、議論を勝ち負けで考えてしまいがちです。そして、勝っても負けてもイヤな感情が残ります。負けて悔しい思いをするのはもちろんですが、勝っても相手のことを思い「あのときこう言えば良かった」と後からいつまでも考えていることも多いはずです。

議論にうまく対処することは、ストレスを溜めないために大事なことだと思います。

ケンカしている二人

「議論を避ける方法」の続きを読む…

ニュースを見ないこと、とくに朝は

2014年米国ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)が行った調査では、ストレスのいちばんの原因としてテレビや新聞でニュースを見ることが挙げられています。
2500人を対象とした聞き取りで、約1/4がストレスを感じたと言い、その原因としてネガティブなニュースを見たことを挙げている人がいちばん多かったそうです。

悪いニュース

「ニュースを見ないこと、とくに朝は」の続きを読む…

仕事とプライベートを分ける

夜、家に帰っても、仕事の問題で悩んだりしていませんか?
逆に、朝、家族と喧嘩してしまって、仕事中に思い出したりしていませんか?

ストレスの原因は家庭にも職場にもあります。これは当然です。ただ、2つをいっしょくたにしないことが、仕事の効率をあげるうえでもストレスを溜めないためにも大事です。

仕事は仕事、プライベートはプライベートときっちり区別しましょう。

仕事とプライベート 「仕事とプライベートを分ける」の続きを読む…

頼まれたことを上手に断る方法

仕事でもプライベートでも、頼まれたら「ノー」と言えずに引き受けてしまう人、そのことによって消耗していませんか?

もしそうなら、上手に断って、自分の大事な時間を確保することを考えましょう。

もちろん、なんでも断るというわけにはいきませんね。
大事なことは、「イエス」と言うことと、「ノー」と言うことの「バランス」です。

また、頼まれたその場で「イエス」「ノー」うまく判断できるようになること、相手に悪く取られないような言い方の工夫も必要です。

ノーと言う女性

そのためのアドバイスとしては次のようなことがあります。
「頼まれたことを上手に断る方法」の続きを読む…

瞑想でストレスを解消する方法

瞑想は「あなたのこころを今ここにある」ようにコントロールする方法だと言われます。

あなたの身体はいつも現在にありますが、こころはそうではありません。
過去のことを思い出して、いろいろ悔やんだり懐かしがったりします。未来のことを想像して不安に思ったり、このままではいけないと悩んだりします。
既に起こってしまってどうしようもないこと、まだ起きてもいないことを考えて、私たちのこころは揺れることが多いものですが、瞑想はこころを「いま」に集中させます。

瞑想 「瞑想でストレスを解消する方法」の続きを読む…

運動でストレス解消

体を動かすことは、ストレス解消の基本です。
特別なスポーツに取り組んだり、ジムに通わなくても、ウォーキングやダンス、ジョギングなどで定期的に汗をかけば、気分も晴れて、ストレスに負けなくなります。

ジョギングする男性

「そんなことはわかっているよ。でも忙しいからできないんだ」
という人も多いかと思います。

「運動でストレス解消」の続きを読む…

早起きはストレス解消につながる生活習慣

1日の生活を見直して、毎朝15分で良いので早起きすることが、あなたのストレス解消につながります。

朝、余裕を持ってスタートすることで1日全体を満足に送ることができます。
落ち着いて仕事や勉強への取り組めて良いアウトプットが出せることが、あるビジネススクールの調査でも明らかになっているそうです。

ストレッチ体操をする女性


別の調査では、出世する人は、朝他の人より早く出勤しているという結果も出ています。
ほかにも次のような早起きのメリットがあります。
「早起きはストレス解消につながる生活習慣」の続きを読む…